静岡で緑内障治療を受け無事回復

視野の狭さや影が見えて緑内障と診断される

眼科で将来緑内障になる可能性を指摘されていたが忘れていた視野の狭さや影が見えて緑内障と診断される点眼治療で改善が見られるので治療を継続したい

そして検査の結果、緑内障に発症していると診断され冒頭に上げたような過去の出来事が走馬灯のように思い出されました。
緑内障は眼圧が高まることが原因のひとつだそうですが、考えてみるとここ数年で目にハリが出てきたような気がしただけではなく、ちょっとしたことで疲れを感じるのが気になっていました。
幸いなことに早期発見の部類に入るため、根治の可能性が非常に高いことを聞かされるとほっと胸を撫で下ろしました。
その日から処方された目薬による治療が開始しながら様子を見ることになり、改善が見られないようであれば将来的には手術もあり得るが恐らくそれは無いだろうと説明を受けました。
処方された目薬はやはり市販品とは全然違い、点眼した時には快適さを感じるほどでした。
数週間後には目のハリがやや収まって来たように感じ、目を酷使しないように意識して気をつけていたとは言え、以前のような疲れは感じないようになりました。
それでも視野の狭さや影が見える感じは変化は無く、少し不安になることもありました。
これらの感覚は以前から何となくありましたが、それはあくまでも疲れによるものだと思い込んでさほど気にしてはいませんでした。
しかし、眼科での高度な検査によって緑内障であることが確定した現在、それまで気にならなかった視野や影の問題が余計に気になるようになり、文字を読む時にも大きく意識してしまい、いつしかそれがストレスにもなりかけていました。