原因別のケアで、赤ら顔を改善

赤ら顔の原因にはさまざまなものがあることがわかりましたが、赤ら顔の治し方も、原因ごとにさまざまです。それぞれの原因別に、赤ら顔の対策法をみてみましょう。

毛細血管の拡張が原因の赤ら顔対策

毛細血管は拡張と収縮を繰り返して皮膚の温度調節をしていますが、収縮力が低下することで拡張状態が続き、赤ら顔を引き起こしてしまうことがあります。毛細血管の拡張が原因である赤ら顔は、基本的には生活習慣を見直すことで改善されます。

食生活ではアルコールやタバコ、カフェインなどの刺激物の摂取をなるべく控えること。塩分の高いもの、酸味の強いものも刺激物なので、味付けなどにも注意が必要です。

また、良質な睡眠も重要なので、成長ホルモンがたくさん分泌される22時~2時の間はできるだけ就寝タイムになるよう心がけましょう。ストレスフリーな規則正しい生活で自律神経を休めれば、毛細血管の拡張も改善されます。

どんな原因があるのか?

皮膚トラブルが原因の赤ら顔対策

皮膚の炎症による赤ら顔の場合は、まず、原因となる皮膚トラブルを治すことが第一。ニキビやアトピーの場合は専門の医療機関でのきちんとした治療が必須です。

また、皮膚が炎症をおこしている場合はスキンケアの見直しも重要なポイントです。自己流の洗顔法が皮膚に負担をかけていないか、お化粧品の成分が肌の刺激になっていないかなど、しっかりチェックしてみましょう。

皮膚トラブルがある場合のスキンケアはだきるだけシンプルに、刺激の少ない成分のものを選ぶように心がけてください。

また、皮膚科や美容外科では光治療やレーザー治療により赤ら顔を目立たなくする方法もあります。1回の施術というよりは、数回に渡り繰り返し施術することで赤ら顔を改善していきます。

保険適用外のものになると出費もかさみますが、痛みもなく赤ら顔を改善できるので、最終的なケア手段として覚えておくのもよいですね。